pfri.net収録音声加工の全て♪

ネットラジオ

こんばんにゃんこ猫

tsucchan♪です爆  笑

pfri.netは番組中心で、技術的なことはあまり派手に書いてこなかったが、近年リモート収録ということもあってか、色々僕なりの番組編集も最近ブログにしているので、ちょっと書き溜めたいと思うニコニコ

ご存じの方も多いと思うが、コロナ禍の中、おととしの夏から導入しているリモート収録から完パケまでの流れを!

収録は、ご多忙に漏れずZoomを使用している下矢印

これは説明ご不要でしょう。皆さん使ってますよね、お仕事とかで口笛
pfri.netではレコーディング機能を使ってます下矢印
何故Zoomにしたかと言うと、この「レコーディング機能」があるからニコニコ
他のTeamsやGoogleMeetingにはない機能かもしれない。まぁ、Windowsの機能として録音は出来るが、やはり単体アプリで出来るのがいいということでZoomですグッ
テーマ曲やBGMをオンラインで流せる機能もあり、うちの看板番組「夢かな」で試したらあまりよろしくなかったので、後付けミックスが定番にっこり
Zoomでの収録風景下矢印
(上矢印夢かなのリモート収録。ごめんなさい!しおりさんだけ顔出しNGなのでモザイクです)
最初はパーソナリティーが慣れないのではと心配だったが、半年も経てば大丈夫になっていき、慣れって恐ろしいと思ったこともタラー
その音声データだけを抽出して加工ニコニコ
以前にも書いたが、編集はSOUND FORGE Proで下矢印
正直、パーソナリティー同士の波形があまりよろしくないえー
彼女達のマイクや通信環境の影響で、音質はバラバラえー
ここで、適正なコンプレッションとリミッティングをするために、2つのツールを使い分けるニコニコ
1つは、WAVESさんのMaxx Volume下矢印
これで整えて質的にも大丈夫な場合は、次の工程だが、バラつきが悪い場合は同じくWAVESさんのL3-LLを試してみる下矢印
この設定だとノイズまで持ち上がってしまう可能性があるので、SOUND FORGE Pro標準のノイズゲートを一発下矢印
これでも取れない場合は、バンドごとの修正になるが、万能なノイズリダクションとしてWAVESさんのWNSを使うこともウインク
後は、頭とおしりの無音部分をカットして終わりだが、先程も説明した通り、通信環境、彼女達のマイクの関係でどうしても音がこもってしまう場合や、部屋等の反響音が発生してしまうので、必要な人には複数エフェクト適用する。その一例として、
全体のこもりを加工するのにWAVESさんのVitaminを適用下矢印
部屋のノイズや反響音対策は、iZotopeさんのDeHumを適用下矢印
これで殆どは解消される(ハズ)星
例えば、番組によって様々だが、紫貴さんやMadokaさんのように若干マイクがこもりがちの人もいれば、縁さんたちの番組のようにカラオケボックスでの収録ということもあるので、特に親衛隊長の声が響いてしまいがちなので、iZotopeさんは欠かせないものになるウインク
又、白戸よよ媛のようにお世辞でもいいとは言えない音質にも対応しなければならないので、その人なりの聞きやすい音声編集をしているつもりだニコニコ
後はテーマ曲、BGMと先程加工した音声データをAudacityにミックスして完了になる。Audacityのミックス手順は割愛するが、有名なソフトなのでおそらく使い方は知っている方々が多いと思うニコニコ
こんな感じで音声処理しています爆  笑
皆さんの参考になればと思いますニコニコ
こんな方法があるよとかのご意見も歓迎ですイエローハート
今日はそんなところですにっこり
ぼちぼち更新してまいりますウインク
それでは、また星
tsucchan♪でした猫

コメント

タイトルとURLをコピーしました