僕流番組編集・ミキシング手順♪

ネットラジオ

おはにゃんこ猫

tsucchan♪ですニコニコ

今日はDAWのこと書いちゃいますニコニコ

僕のことよく知っている方は、ネットラジオ局pfri.netの主催と発するFMの番組「週刊!桃缶ギルド」の制作・ミキサーを担当していることは知っていると思うが、ちょっとその僕なりの手順を紹介しやす。

pfri.netの場合収録は、今コロナ禍なのでZoomでの収録をしていて、Zoomのレコーディング機能を使っているニヤリ

一方桃缶は、別途音楽スタジオで音声とジングルだけ収録し、MCと曲に関しては僕にメールに添付して送られて来る。

どちらの番組も編集の要領は基本的に同じニコニコ

僕の使用しているツールは、Windows95の時代から使ってる「SOUND FORGE Pro」とフリーで波形編集出来る「Audacity」

SOUND FORGE Proの現在日本代理店ソークネクストのサイト上矢印

この2つのアプリは、昔から有名なので知っている方は多いのではないかな?

では、手順

まず番組音声ファイルについては、SOUND FORGE Proで行う。

大体の番組はあまり収録した音声データは、あまり音質はよろしくない(キッパリ!)

とりあえず、番組として正常なレベル・ピークになるようにコンプレッサー・リミッターをかける。

僕の愛用しているのは、WAVESのVST「MaxxVolume」

結構ハードなリミッティング設定だが、収録した音声レベルが小さいので、ピークまで持ち上げる。と、こうなる下矢印

ただ、持ち上げただけではノイズも持ち上がっちゃうし非常に耳障りなので、SOUND FORGE Proの標準搭載されている「ノイズゲート」を使う。

これ、非常に抜群で、パラメーターこと少ないが、ある程度スレッショールド設定するだけで希望のノイズがほぼ取れるニコニコ

pfri.netの場合、Zoomによるリモート収録なので、通信環境が悪いとピーギャーノイズやプチッとか入ってしまうので、それを効率良く除去してくれる。

桃缶の場合、MCレベルが異常に低いのと、スタジオノイズがどうしても入ってしまってるので、完璧ではないもののうまく処理してくれる。

全てのMCに適用したら、ミキシング。

ここは、Audacityさんのお役目。

音声データ、MC、BGM、曲を挿入して、プロジェクトファイルを保存し、MP3形式に書き出し、放送用完パケが出来上がる。

万が一マスタリングが必要な場合は、SOUND FORGE Proに戻り編集。僕はOzoneを使用しているニコニコ

よっぽどバランスが悪かったりした場合でしか使わないけど、この高いプラグイン、使わない手はないウインク

とまぁーこんな感じで編集しています。

音の良し悪しは聞いていただいてるリスナーさんの好みにもよるが、元のデータの音質がどうしようもなくても、編集者としては放送としてクオリティーを高めないといけない立場。長年色々経験して積み上げた知識をフル活用しているつもりだ。

あくまで僕流なので、実際ネットラジオや番組編集を手掛けている人から言わせれば邪道なのかもしれないけどねにっこり

今日は、番組編集のことについて書きましたニコニコ

もっとこういうのがあるよとか、オススメのVSTとかありましたら教えて下さい

皆さんのDAWライフも覗いてみたいなー

またぼちぼち更新しますウインク

今日はこの辺で!

tsucchan♪でした猫

コメント

タイトルとURLをコピーしました